気持ちの整理もできる!ペット葬儀の選択肢を広げよう

ペット葬儀の現状・納骨方法や埋葬方法の知識をつけよう

ペットの納骨・埋葬について

お墓

ペット葬儀・火葬が終わった後、ペットの遺骨はどこに納めるのでしょうか。納骨・埋葬場所には、いくつか候補が挙げられます。

納骨・埋葬場所

納骨堂
遺骨を安置する建物である納骨堂に、骨壺に入れたまま(あるいは合同で)納める方法です。維持費がかかるためお墓を用意するための一時的な預け場所として利用する方が多かったのですが、近年では永代納骨を希望する方が多いようです。
ペット霊園
ペット専用の墓地であるペット霊園に埋葬する方法です。お墓を用意するため高額になりますが、明るく花が咲き誇るような場所に納めることができるため人気があります。また近年では、人間とペットが一緒にお墓に入ることができる墓地も浸透しつつあります。
合同埋葬
他のペットたちと合同で供養塔や合同墓に埋葬する方法です。みんな一緒に納めるため、一度納骨すると返骨は難しくなります。他のペットたちと賑やかに過ごす方が寂しくないだろうという考えのもと、合同埋葬を選ぶ方も多いようです。
自宅埋葬
自宅の庭や敷地などに個人で埋葬する方法です。墓石や慰霊碑も、自分で好きなものを建てることができます。ペットが住み慣れた場所に埋葬してあげることができるうえ、飼い主もいつもペットを身近に感じることができるでしょう。

遺骨をアクセサリーにする~これからも一緒に~

遺骨の一部をアクセサリーに加工することで、お別れした後も大切なペットと常に一緒にいることができます。遺骨をカプセルに入れたペンダントや、遺骨から作ったダイヤモンドのブレスレット、遺灰や毛を閉じ込めたクリスタルなどなど。遺骨を埋葬してしまうのが寂しい時や、合同埋葬する前に一部だけでも残しておきたい時などに利用する方が多いようです。

TOPボタン