気持ちの整理もできる!ペット葬儀の選択肢を広げよう

ペット葬儀前に確認しておく~安置方法とお清め~

ペットが亡くなった際にやってあげたいこと~安置方法について~

犬

ペット葬儀までの期間、ペットの遺体をどう扱って良いか迷う方も多いでしょう。こちらで正しい安置方法を覚え、丁重に扱ってあげてください。

死後硬直の前に

生き物は心臓が止まると、死後硬直を起こして身体が硬くなります。手足がピンと突っ張った体勢のまま固まってしまうと、見た目が良くないばかりか棺に入らなくなることも。その前に優しく手足を胸の方にくるように曲げ、自然な体勢になるよう整えてあげてください。ちなみに死後硬直は、手足・腹・頭部の順番で起こります。小さな動物ほど早く硬直するため、なるべく早めに行ってあげましょう。そして業者が用意した棺や、段ボール箱などに優しく入れてあげてください。

お清めの忘れずに行なう

大切なペットがキレイな状態で眠ることができるよう、お清めを行ってあげましょう。まずはまぶたや口を閉じてあげてください。体液が漏れてくることがあるので、タオルやシーツを敷いてブラッシングを行います。しっぽや毛並みを美しく整えてあげましょう。それからお湯で濡らしたタオルなどで優しく全身を拭いてあげてください。特に肛門や口からは汚物が出てくることがあるので、しっかりと拭き取ってあげること。気になる場合はガーゼを詰めておいても良いでしょう。敷いたタオルにはダニやノミが移ることがあるので、時々替えてあげてください。また遺体が傷まないよう、保冷剤を入れてあげることも大切です。

ペット葬儀に関するQ&A

ペット葬儀は、そう何度も経験するものではありません。わからないことは、こちらのQ&Aでしっかりと確認しておきましょう。

葬儀に関して聞きたいこと

夜間でも対応可能ですか?
予定通りにいかないのが命ですから、夜間に大切なペットが亡くなってしまうこともあるでしょう。夜間対応しているかどうかは、ペット葬儀の業者によって異なります。24時間対応していることもあれば、日中のみということも。ただ夜間に連絡を受けたとしても火葬や葬儀の準備は朝に行うことが多いため、朝(8時~10時頃)に連絡した場合とほとんど変わらないでしょう。
火葬にかかる時間はどのぐらいでしょうか?
火葬にかかる時間は、ペットの大きさ、葬儀やお別れの内容によって異なります。一般的には猫や小型犬の場合、火葬のみで45~60分程度、お別れを含めると1時間20分程度。中型犬の場合は火葬のみで1時間強程度、お別れを含めると2時間程度。大型犬の場合は火葬のみで60~90分程度、お別れを含めると2時間40分程度でしょう。火葬中はホールの待合室で待機したり、自宅に一度戻る・食事に出るなど外出したりして過ごすことが多いようです。

TOPボタン