気持ちの整理もできる!ペット葬儀の選択肢を広げよう

死を受け入れることも大切~ペット葬儀利用者の体験談~

ペットの死を受け入れる

家族の一員として同じ時間を過ごしてきたペットを失うことは、本当に辛いことです。ペットとの死別は、時に飼い主に「ペットロス」というショック症状を引き起こすことも。重症になると食欲不振や不眠、うつ症状など日常生活に支障をきたすケースもあります。辛いことですが、これからも生きていくためにはペットの死を受け入れなくてはなりません。ペット葬儀は、気持ちの区切りをつけるという意味でもとても有効です。葬儀をきちんと行ってペットを送り出すと共に、自分の心の整理もつけましょう。

実際にペット葬儀を行なった人の体験談を聞いてみましょう

犬と猫

では、実際にペット葬儀を行ったことのある方にお話を聞いてみましょう。葬儀を体験して感じたことをお伺いしました。

ペット葬儀の体験談

しっかりとした葬儀を執り行うことで気持ちに区切りがつきました

子供の頃から10年以上一緒にいた猫が亡くなり、ショックで呆然自失の状態にいました。でも自治体で「処分」するのは嫌、そう思ってなんとかペット葬儀の業者に電話をしたところ、とても温かい言葉をもらって涙が出ました。火葬やお葬式の仕方などわからないことも丁寧に教えてくれて、とても安心したことを覚えています。立ち合い個別葬を選んで葬儀を行っている間も、優しく気持ちを支えてもらえました。きちんとした葬儀ができたことで、愛猫とのお別れを受け入れ、気持ちに区切りをつけることができました。

毎年霊園へ出向いています

自分が飼っていたのは大型犬です。子犬の頃にもらってきて、おじいちゃん犬になるまで元気に生きてくれました。もうすっかり家族だったので、葬儀はちゃんとあげたいと思い、ペット葬儀を利用しました。一番悩んでいたのが、どこに埋葬するかということ。スタッフの方とじっくり相談して、最終的にペット霊園に埋葬しました。今は毎年、命日に霊園に出向いています。お参りができる場所があるというのは、自分にとっても心のよりどころになってとても良いことだと思っています。

ペットのためはもちろん、自分自身の気持ちに区切りをつけるためにもペット葬儀は大切です。自分たちに合った方法で供養してあげましょう。

TOPボタン